ブロックチェーントレカとは

コレクションの新しいあり方のご提案

物を所有する、ということの考え方が大きく変化してきています。
例えばレコードやCDで音楽を購入する場合、音楽を聴くことはもちろん、美しいジャケットや、読み応えのあるライナーノーツなど、実物を所有する喜びがあり、そこにこだわる人が多く存在しました。
そのため、音楽のデータ購入はなかなか進まないとの予想もありましたが、iTunesなどの成功を例にするまでもなく、今や音楽のデータ購入は一般的に普及しています。
これは、実物を所有することのこだわりよりも、利便性などのメリットを重視する人が増えたからに他なりません。

ブロックチェーントレカのメリットのひとつとして、保管スペースを取らず、保管時の環境に気を使う必要もなく、ブロックチェーン上にいつまでも同じ状態で保管可能である、という点があげられます。
また、当社は、トレカを恒久的に保管可能とするために、NEMのネームスペースとモザイク利用料を毎年NEM財団に支払い続ける方針を決定いたしました。
万一、当社のサービスを終了せざるを得ない状況になった場合にも、当社が送信手数料を支払い、トレカの画像をNEMのアポスティーユに画像ファイルをアップロードし、NEM Galleryで引き続き閲覧可能となるようにいたします。
このように、保管環境が恒久的に維持される、という点もブロックチェーントレカのメリットのひとつです。

音楽がそうであったように、トレカなどのアイテムも、データとして所有する時代になりつつあります。
当社は、その時代に先駆けて、デジタルアイテムのコレクションのあり方を提案し、育てていきたいとの考えの元、ブロックチェーントレカの事業に取り組んでまいります。

限定発行によって維持される価値

ブロックチェーントレカは、NEMのトークンが技術の基幹にあります。
NEMのトークンは、予め枚数を限定して発行することができます。
これは、仮想通貨やトークンの管理を行うための機能ですが、その機能をコレクション性の高いトレカに応用しています。

人気が出た商品は、追加で製造して利益を増やしたい、というのが企業としてごく当然の姿勢です。
しかし、ユーザーにしてみれば、限定だから購入したのに、後から増版されてしまっては、せっかくの希少価値が崩れ去ってしまうことになります。
この不安を払拭するために、当社はトレカを発行する際に増版ができない設定で発行することで、コレクションの価値を保てるようにいたしました。
世界で限定100枚の価値はこれからもずっと守られます。
トレカに描かれたIPのファンの方、コレクターの方は、どうかご安心して新時代のコレクションの世界にご参加ください。

ブロックチェーントレカの今後

ブロックチェーントレカは、今後も様々なIPの追加を予定しています。
また、トレカのコレクションを人にご紹介できる仕組みも導入予定です。
更に、トレカを所有している人ならではのメリットを得られるようなサービスとの連携も計画しています。
トレカを購入することで、他のサービスへの参加権やメリットを受けることができる、という側面も徐々にご提案していく予定でおります。

当社は、今後も様々な方向へブロックチェーントレカを発展させてまいりますので、皆さま、どうぞご期待ください。